ABOUT US沿革

 
平凡な料理のための非凡な心配り

「欣葉」は、「欣欣向栄、葉葉繁盛(生い茂る草木のように繁栄する)」を目指しています。舞い上がる2枚の葉がモチーフのロゴは、元気で生命力溢れる様子を表しています。葉の末端は楽しく跳び上がるように弧を描き、にっこり笑ってお客様をお迎えする口元のようでもあります。

欣葉はテーブル11台から始まりました。設立当初は、現会長、李秀英の指揮のもと、台湾料理レストランにあるのは清粥小菜(お粥と小皿料理)だけで大皿のおもてなし料理はないというイメージを覆しました。台湾の宴席料理を台湾料理に取り入れた最初のレストランです。欣葉はその後、消費者の多様なニーズに答えるため、様々なブランドを立ち上げ、現在では台湾料理、ビュッフェ式日本料理、日本式鍋物、カレー、マレーシア料理、香港・広東料理がございます。

優れた料理の技と精神をより高めるため、「昔ながらの味と現代の食」をモットーに大都市の繁華街に出店しているほか、海外にも進出してまいりました。台湾料理の真髄を世界各地へ広めたいと願っています。

欣葉の料理は健康的で、熟練の技と心を伝承し、本場の台湾料理を提供しております。親切で自然な思いやりのあるサービスと相まって、お客様にご満足いただいております。「有情・用心・真知味(気遣い、心配り、プロならではの味)」をモットーとし、お客様を家族のように大切にし、ひたむきな態度で、実直にプロとしての料理を追求しております。

ご愛顧を賜りましてありがとうございます。欣葉の心配りとプロの味に更にお客様への気遣いを加え、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。